UTAUの使い方を解説【初心者向け】

MAD制作方法

今回は、UTAU初めて使う方向けに、UTAU簡単な使い方を解説します。

UTAUとは

概要

UTAU」とは、フリーの歌声合成ソフトです。「あ~」とか「い~」などの音声をつないで音程を調整することで歌声を生成できます。2008年に配布が開始され、「無料で使えるVOCALOIDのようなもの」として知られています。

ソフトの作者は「飴屋P」という方で、ニコニコにはUTAUの紹介動画や解説動画も出しています。
飴屋PのHPhttp://utau2008.blog47.fc2.com/
飴屋Pの解説動画人力ボーカロイド支援ツールらしきものを作ってみた その1 導入編

(ぶっちゃけUTAUの使い方を知りたいなら、私のブログより飴屋Pの動画を見たほうが良いかもしれません。飴屋Pの動画で分からなかったら私のブログを見るでも良いと思います。)

VOCALOIDとの違い

「UTAU」というソフトは、初音ミクのような「VOCALOID」とは似て非なるものです。「歌声合成ソフト」というくくりでは同じなのですが、様々な面で大きな違いがあります。

VOCALOIDと比較したUTAUの特徴は以下の通りとなります。

  1. 無料
  2. 個人によって制作されたソフトである
  3. 音声ライブラリを追加することができる
  4. 音MAD制作の補助のために作られた面がある

1.無料

VOCALOIDと違ってUTAUは無料です。(有難い!)
VOCALOIDは大体5,000~20,000円とそこそこ高額なのですが、UTAUはソフト自体も無料ですし、各所で配布されている音声ライブラリも無料です。

2.個人によって制作されたソフトである

VOCALOIDは「ヤマハ」という会社が制作したソフトですが、それに対してUTAUは「飴屋P」という個人が制作したソフトです。

3.音声ライブラリを追加することができる

VOCALOIDは、例えば「VOCALOID2 初音ミク」という製品の中には「初音ミク」の声しか入っておらず、他のキャラクターの声を追加したりすることはできません。
それに対してUTAUは「音声ライブラリ」を追加することができ、UTAUという1つのソフトで様々なキャラクターの声を歌わせることができます。
また、UTAUの「音声ライブラリ」は誰でも作ることができるという特徴があります。例えば、自分の声を録音してUTAUで歌わせることもできますし、アニメキャラの音声を集めてUTAUで歌わせることもできます。

後者については本当は著作権とかでしていけない(戒め)ことなのですが。

4.音MAD制作の補助のために作られた面がある

UTAUというソフトの開発当時の仮名は「人力ボーカロイド支援ツール」だったそうです。このことから、UTAUは音MADにおける「人力ボーカロイド」という手法を簡単にできるようにするために作られたことが分かります。このことについては、飴屋Pによるこちらの動画の冒頭で語られています→ボーカロイド持ってないので作ってみた(人力ボカロ支援ツールその2)

また、VOCALOIDが開発された当初の目的としては、「誰かに歌ってもらわなくても、打ち込みによって歌声を生成できるようにし、音楽制作をより円滑に進められるようにする」だそうです。(下の参考文献より)
つまり、VOCALOIDは「音楽」の制作補助のために作られたものではあるが、UTAUは「音MAD」の制作補助を目的に作られた数少ないソフトであるといえます。

参考文献→歌声合成ソフトウェアVOCALOIDの開発(剣持秀紀)

UTAUの使い方

UTAUの基本的な使い方を解説します。これさえ分かれば、ひとまず好きな曲を歌わせることが可能になります。
今回は「新宝島」という曲を「重音テト」に歌わせてみることでUTAUの使い方を解説します。

UTAUのダウンロード→ http://utau2008.xrea.jp/ (一番上にある「v0.4.18e インストーラ」をダウンロードしてPCにインストールしてください)

歌詞とメロディーの打ち込み方

まずは、歌詞とメロディーの打ち込み方を解説します。解説する順番としては以下の通りです。

  1. UTAUを開く
  2. テンポを設定する
  3. 歌詞・メロディーを打ち込む
  4. 歌わせる

1.UTAUを開く

まず「UTAU」を立ち上げます。「utau.exe」を起動してください。

UTAUを立ち上げると以下の画面が出てきます。こちらがUTAUの初期画面です。ここにメロディーや歌詞を打ち込んでいきます。

(原音レポートという小さい画面も出てくると思いますが、ひとまず無視して大丈夫です。)

2.テンポを設定する

次にテンポ(BPM)を入力します。画面左上にある「Tempo」の黄色い欄をクリックしてください。

そうすると小さい画面が出てきて、そこにテンポ(BPM)を入力できます。「新宝島」のテンポは158らしいので158と入力します。

テンポは歌詞やメロディーを打ち込んだ後でも自由に設定できますので、曲のテンポが分からない場合はひとまずスルーしても大丈夫です。

曲のテンポの調べ方はこちらの記事で解説しています→(近日公開予定)

3.歌詞・メロディーを打ち込む

次に歌詞とメロディーを打ち込みます。用意した楽譜と見比べながら打ち込んでいきましょう!

まずUTAUの画面の見方を把握しましょう。下の画像を見てください。
UTAUの画面は「ピアノロール」と呼ばれるもので、直感的に「音程」と「音の長さ」を操作できます。実際のピアノを見て、どこが「ド」の鍵盤でどこが「ラ」の鍵盤かみたいなことさえ分かれば音楽の知識がなくても大丈夫です。
メロディーと歌詞は中央のメイン画面みたいなところに打ち込むことができ、そこで歌詞・音程・音の長さを設定していきます。

メロディーの打ち込み方

メイン画面の上で右クリックして「挿入…」をクリックしてください。
「挿入する音を入力」と出ます。ここで歌詞を1文字打ち込めます。
また、「R」と打ち込むと休符になります。

すると、「ド」の音で、4分音符の長さのメロディーが生成されます。

音程の変更はドラックで行えます。
ちなみに、「ドレミファソラシ」=「CDEFGAB」です。(アメリカの音名表記)

メロディーは「Ctrl+C」→「Ctrl+V」でコピペできます。コピペでたくさんのメロディーを素早く並べることができます。

歌詞の打ち込み方

メロディーの上でダブルクリックすると歌詞を変更できます。

音の長さの変更の仕方

メロディーの上で右クリックして「長さ…」をクリックすると音の長さを変更できます。

こんな感じで、「コピペ→音程合わせ→歌詞変更→音の長さを変更」と繰り返していくと…完成です!
慣れてない内は音を並べるのに時間がかかると思いますが、慣れてると7小節なら2~3分くらいで作れます。

4.歌わせる

では、打ち込んだメロディーをUTAUに歌ってもらいましょう。
メロディーを全選択(「Ctrl+A」または左クリックしながら左右にスクロール)した状態で右クリックして「生成・再生♪」をクリックしてください。

すると、黒い画面が出てくるのでしばらく待ちます。

しばらく待つと、自動的に生成された音声が再生されます。
下の動画で、生成した音を流しております。
また、歌声は初期設定だと「ゆっくりボイス」となっています。

音を再生した後、上のツールバーの「再生」→「今聞いたのを保存」を押すと生成した歌声を音声ファイルとして保存することができます。

以上、歌詞とメロディーの打ち込み方について解説しました。
少し地味な作業ですが、PCで曲を作っているような気分になって楽しいと思います。

ちなみに、好きな曲をUTAUで歌わせるには曲のメロディーを調べる必要があります。そして、絶対音感がない人が曲のメロディーを調べる方法としては、楽譜を探すか頑張って耳コピするしかありません。(たぶん)
楽譜の探し方のコツや耳コピのコツについてはこちらの記事で解説しています→(近日公開予定)

音声ライブラリを追加する方法

音声ライブラリを追加する方法を解説します。今回は「重音テト」を追加してみます。

重音テトのダウンロード→http://kasaneteto.jp/ongen_down.html(UTAU初心者の方は、最新版『単独音』ライブラリーをダウンロードしましょう)

上のURLから「重音テト」の『単独音』ライブラリーをダウンロードしてください。
以下のようなフォルダ構成となっています。

まず、重要なフォルダの中身を確認しましょう。
「重音テト音声ライブラリー」フォルダの中の「重音テト単独音」フォルダを開くと、下の画像のようなフォルダ構成となっています。
UTAUにおける「音声ライブラリ」というのは、このように単語ごとのWAVファイルとfrqファイル(周波数ファイル)が大量に格納されたフォルダのことです。(最低限WAVファイルさえ揃っていれば大丈夫です。)

「重音テト」をUTAUで歌わせるための手順は2つです。

  1. ダウンロードしたフォルダを丸ごとUTAUの「voice」フォルダに移動する
  2. UTAUでフォルダを読み込む

1.ダウンロードしたフォルダを丸ごとUTAUの「voice」フォルダに移動する

下の画像のように、ダウンロードした「TETO-tandoku-100619」フォルダをUTAUの「voice」フォルダに入れましょう。

まあ、「voice」フォルダに入れる必要が絶対あるわけではないのですが、整理のために音声ライブラリは1箇所にまとめておきましょう。

2.UTAUでフォルダを読み込む

では、UTAUで「重音テト」の音声ライブラリを読み込みましょう
上のツールバーにある「プロジェクト」→「プロジェクトのプロパティ」をクリックします。

「プロジェクトの設定」画面が開きます。右らへんにある「」をクリックします。

「voice」フォルダに入れた「重音テト単独音」フォルダを探し、WAVファイルをどれでもいいので選択して「開く」をクリックしてください。

「重音テト」が読み込まれましたので、「OK」をクリックして閉じましょう。

ここで、メロディーを全選択→右クリックで「生成・再生♪」をクリックするとゆっくりに替わって「重音テト」が歌ってくれます。
下の動画で生成した音声を流しております。

これで「新宝島」を「重音テト」に歌わせることができました
UTAUの簡単な使い方の説明は以上となります。

UTAUを使用した動画の紹介

【重音テト】おちゃめ機能【PV】

UTAUによって「重音テト」を歌わせたオリジナル楽曲です。吹_っ_切_れ_たで有名な曲で、ニコ厨にとってはあまりにも親しみ深い曲です。実はVOCALOIDではなくUTAUが用いられた作品です。(私も今初めて知りました!)

【重音テト】おちゃめ機能【PV】
【重音テト】おちゃめ機能【PV】 重音テトさん、お誕生日おめでとうございます。音源提供者様は、「匿名」という形になります。 今...

【ゆっくりすげぇ】 FREELY TOMORROW 【とっく】

UTAUによって「ゆっくり」を歌わせた動画です。実はUTAUをダウンロードすると「ゆっくりボイス」が付属されておりまして、初期設定のままUTAUをいじると「ゆっくり」の歌声が生成されます。

【ゆっくりすげぇ】 FREELY TOMORROW 【とっく】
【ゆっくりすげぇ】 FREELY TOMORROW 【とっく】 1/8追記:調教すげえの人の新曲をまたカバーしました nm166376236/13追記:調教すげえの人の新曲を...

【R-18】スクフェスのイラストをエロくしてみた!【ラブライブ!】

私が作った動画です!UTAUを用いて「歪音エナ」を歌わせた音MADです。釣り動画いやぁ、サーセン♂
この動画のようにUTAUは音MADでも使用されています。やっぱりレスリングシリーズなんだよなぁ。

【R-18】スクフェスのイラストをエロくしてみた!【ラブライブ!】
【R-18】スクフェスのイラストをエロくしてみた!【ラブライブ!】 全19枚、自作ですユーザー数全世界3000万人突破おめでとうございます!mylist/57039933宣伝歪みねぇ...

上で紹介したもの以外にも「UTAU」を使用した動画はたくさんありますので、ぜひ下のリンクから関連動画を見てみてください!

「UTAUオリジナル曲」でタグ検索
「UTAU式人力」でタグ検索

本記事は以上となります。
今回はUTAUを初めて使う方向けに、UTAUの簡単な使い方を解説しました。

コメント

  1. […] 「UTAU」というソフトについての詳細は、こちらの記事の冒頭で解説しています→UTAUの使い方を解説【初心者向け】 […]